ベレー帽からニョキっと

      MMORPG「talesweaver」でのどうでもいい出来事を巡るどうでもいいイスピナーの日常。そして非日常(嘘)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
第一回マキピンを幸せにしよう学会
クリエイティブなイスピナー、おラ━━━━━━ヽ(´∀`ヽ)━━━━━━ン !!!!! とMSNメッセで最近よくMOE語りします。
絵師どうしならば絵茶、といったところなのでしょうが、あたしの絵は本当に酷いので(EX:ゼリッピはただの球体)文字のみでの萌え語りです。

基本的にじゃこはメッセでの面白い会話は本人の許可を得ようが得まいが(ここポイント)保存します。
後に見直して一人でニヤニヤするのが半ば趣味なのです。そんな変態癖あふれるメッセログがデスクトップにわんさとあるのです
そんな
あたしのステキコレクションを今日はご紹介しちゃいます☆

先日のお蘭とのMOE語りの1シーン


ら の発言:
「おじょうちゃん・・・中身・・・見たい・・・?開けちゃうよ・・・ハァハァ・・・」なwwwwwwwwwwwできあがりwwwwwwwwwwww
じゃこ@NIGARI☆ の発言:
ちょwwwwwwwwww
じゃこ@NIGARI☆ の発言:
うまwwwwwwwwwwwwwwwwwww



じゃこ@NIGARI☆ の発言:
グローバルwwwTW
ら の発言:
ぐろすぎwwwwwwwwwwwwwwww
じゃこ@NIGARI☆ の発言:
ぐろwwwww



ら の発言:
ゆるせるwwwwwwwwwww憑いてくwwwwwwwwwwww
じゃこ@NIGARI☆ の発言:
かってくだしあwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ら の発言:
おkwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



ら の発言:
わwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ら の発言:
わすれてwwwwwwwwwwwwwwwwwwたwwwwwwwww
じゃこ@NIGARI☆ の発言:
うはwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ら の発言:
もうwwwwwwwびんぼうとしかwwwwwwwwwwあたまにwwwwwwwwwwwwwwwww




この人達の「w」キーいつかぶっ潰れると思う



以下この会合から生産されたじゃこの激しい妄想話
イスピンとマキシミンの今後はどうなる?考察

いささか二次創作的な視点が入るので閲覧は自己責任でお願いします。
マキピンを幸せにしたい。というより二人をくっつけてしまいたい。
そんな大人な女性、そうあなた。
私達、真剣に考えました。

マキシミンとイスピンが結婚するにはどうすればいいか


バカだバカだとののしるのであれば、あぁ、もっとお願いします。



まずは幸多くあるべき二人の恋路を邪魔する様々な弊害について考えて見ましょう。
●イスピンが公女である
●マキシミンの父親が反王政革命運動家ウィドマーク・リフクネの息子である


以上の二点からある仮説にたどり着きました。
イスピンとマキシミンが結婚すると・・・

オルランヌの第二爵位継承者は反王政派と周囲に意思表示したも同然。
↓             
オルランヌ公国はアノマラド王国への謀反の意があるのでは。

オルランヌ公国からアノマラド王国への宣戦布告ととられ
↓   
オルランヌVSアノマラドの戦争が勃発する



じゃこ@NIGARI☆ の発言:
悲恋(*ノノ)
ら の発言:
うは^^;;;;;



戦争とまではいかなくてもオルランヌの立場はかなり危うくなります。
もとよりオルランヌは独立する機運がいまだにくすぶっている国です。
アノマラド王国にとってはやっかいな北方の狐といったところなのだと思います。
魔法科学に秀でているので敵に回すとやっかい。御せるものなら御してしまいたい。それがアノマラド王国の本音ではないのでしょうか。



極論から言ってしまえば
イスピンが公女やめるかオルランヌが独立してしまえばいい。
ということになるのです。

「イスピンが公女やめちゃえばいい。」
紆余曲折あっても、彼女は彼女自身の幸せを勝ち取る過程が我らがantheさんのサイトでSSとしてアップされています。イス誕での公開作品でもありました。

すごく個人的な感想なんですけど、これは「イスピンが公女やめちゃえばいい説」の最も理想的なあり方なのだと思います。


「オルランヌが独立しちゃえばいい。」
現在、オルランヌの正式な爵位継承者は二名とも行方不明。
現大公爵であるイスピンの父親も病気で床に臥せっている状態。
弟のクラレット公爵が事実上の大公爵代理という形で収まっています。
クラレット公爵は王政改革派とつながりがあることから(詳しくは過去の俺様の記事参照)クラレットはオルランヌ独立推進派なのでしょう。
この流れのままオルランヌが独立してしまえばいいのですが

ベルナールとイスピン(シャルロット)は共和派であるという事実


クラレットが二人の帰還をやすやすと受け入れるわけもなく・・・
ましてや二人の継承者が行方不明ということで、オルランヌの足並みは乱れるばかり。
こんな状態で戦争を起こそうものなら敗北は目に見えています。

アノマラドに負けたことでオルランヌは元鞘・・・というわけにもいかず、政治的な立場はますます悪くなるばかり。
ベルニト条約よりさらに悪条件な条約を取り付けられてしまうかもしれない。
(余談ですがベルニト条約の詳しい内容ってチャプに出ていませんね。だいたい戦争で負けたほうの国は悪い条件を無理やり飲まされるものだから上記のようなことを言っていますが、あくまで仮説です。)
現段階で戦争を仕掛けるのは百害あって一利なし。ベルナールの見解通りなのだと思います。

話がそれましたが
結局マキピンはどうなるの?






そこで頭の沸いた可哀想な人、じゃこはこう考えました。
じゃこ@NIGARI☆ の発言:
マキシミンとロッテちゃんはラブラブカップル☆どうしても結婚したい二人は、なんと、結婚を認めてもらうためにアノマラド城へ殴り込んだのでちた☆
ら の発言:
うhhwwwwwwwwwwwww超ポジティブwwwwww




ていうかそろそろキモイ






あれもだめ、これもだめ。ならばそこはヲタ女としてヲタ女らしくMOSOで全て片付けてしまおうということです。
「アノマラド王国に敵意がないと意思表示するためにマキシミンがアノマラド国王様に直談判すればいいよ説」
強引にもほどがあるんですが、いっそ恥ずかしくて消し飛びたい気分なのですが
深夜特有のテンションでつい、ここまで話がでてしまったんです。
深夜すぎて、どう直談判するのか考えていません。
そして私はマキシミンに夢を見すぎているのだと思うよ^^;;;;




こんな感じで無法地帯となり、第一回マキピンを幸せにする学会は幕を閉じたのでした。
次回の開会は11月末を予定しています。
参加希望者は各自で発表する論文を用意してください。書式、形式は自由です。英語表記の必要もございませんむしろ勘弁してください。パワーポイントを使用される方は出直してきてください。
「俺の脳内で論文書きあがってるぜ」という方もお待ちしております。その場でMOEを発表していただきます。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
「妄想」という魔法を使えばなんでもできちゃうんだぜ?

イスピン:新しい国作ろうか
マキシミン:把握

というのは冗談として、イスピンは地位捨てちゃってもいいと思う。
とりあえず、脳内でベルナールが帰ってきて国王になった妄想すればいいんだ。
イスピンは地位を捨てて、ひっそりと田舎の方でマキシミンとケンカしつつも仲良く暮らせばいいんだ。
マキシミンの兄弟も連れてきて大所帯になればいい(´;ω;`)

妄想爆発させちゃってごめんなさい><
2006/11/12(日) 20:14:15 | URL | しずる #fnHJ2HM6[ 編集]
す・・・すばらしいです!今度の学会にはぜひ呼んでください!(いらない

マキいす結婚もの?はよく妄想しますが、そんな問題があったのですね・・・そこまで考えていませんでした。

それとは別にですが、いすぴの野望という、アノマラド大陸統一ものの戦略シミュレーションゲームを妄想したりしていますw最初は大臣一派掃討、カミラ制圧を経て、オルランヌ統一、そこから世界に・・・みたいな・・・

オルランヌ軍というか、雑魚は全てカウンタースピアでなぎ倒す女王いすぴと、一騎討ちなら全て月光で一撃必殺な騎士団長マキシの2人だけでも統一できそうなくらい強そう・・・w2人だけでアノマラドに乗り込んで結婚を認めさせるというのも、最強カップルっていう感じでいいですね!
2006/11/12(日) 23:27:58 | URL | るる #-[ 編集]
ご紹介にあずかりましてどもです。いや…本当にマキピンを幸せにするのは大変です。つい長く長くなりますもん…orz

私はマッキーは、お父さんが反体制派でも、マッキー自身の政治色は無色だし、小者だし、あんまりアノマラド王的には気にならないと思うんですが(マキシ父がどれほどのものか分からないせいかもしれませんが)

それより、そんな小者が、公女さまと結婚なんて!!オルランヌの家臣団(フレネルとかガルニエ含む)が許してくれないと思うのです。

ベルお兄ちゃんが戻ってこないで、イスピンがどーしても国を継ぐなら…(クラレット叔父さまは当然駆除して)

マキシミンは情人★
ツンデレな情夫。
囲われちゃうのです(*ノノ)
んで、なし崩しに……(妄想全開)

イスピンがオルランヌの最高権力者になってしまえば、可能かなと。中途半端に公女さまだと政略結婚しないといけないので、マッキーの出番はなくなりますが(いや、結婚した先で囲えばいいんですが…)大公になってしまえば「結婚相手をオルランヌの貴族から選ぶとその家とか派閥が発言力もっちゃってやりにくくなる」てことで。

なんの権力もない若い男(マキシミン)を囲う女大公ww
イスピンがんばって善政するので、周りの人たちはそれを黙認する。
そんな感じで…エリザベス女王風?な妄想と相成りました…

マッキーがイスピンと結婚するためにオルランヌの貴族社会で出世しようとか、足場を築こうとかするはずないし。その性格が一番の障害だと思うんですが。

あっ、でも、例えば、ベル兄&オルランヌの人々からの反対を押し切って結婚するために、アノマラド王にお願いしに行くっていうのもありかも。反骨精神だけは豊かだしw

我ながらなんか痛い…。でも、触発されたんだから仕方がありません。送信しちゃいましょう。妄想がたりです。次回も期待してます。おやすみなさい。
2006/11/13(月) 03:52:57 | URL | anthe #.TWv65wQ[ 編集]
マキピンを幸せにする学会参加者の皆様
マキピンを幸せにする学会参加者の皆様、論文の提出ありがとうございます。
飛び入り参加の方も随時募集しておりますので論文の有無に限らずマキピン信者の方々「これはMOEだよ」の声、ご意見ご要望等お待ち申し上げております。
BY主催者


>しずるん
イスピン:新しい国作ろうか
マキシミン:おk把握
に爆笑した。
さすがだよおまえwww
お前の手にかかればマキピンのクオリティもタカスクリニックだなwww

ほんと、イスピンがその地位を捨てちまえば万事解決なんですよ。
オルランヌは兄貴あたりがどうにかしてくれるはず☆さd(ゝc_・o)
ガルニエとフレネルはちょっとねー。大公爵という感じじゃないから、そこはやっぱり兄貴に戻ってきてもらいたいものです。

え?シベリン?だれそれ・・・!!!!!!


マキシミンファミリーと大所帯ってかなりMOEだね。
イスピンはイルマあたりと嫁姑戦争を繰り広げていればいいね。

イルマ:なによあたしよりムネないくせに!!
イスピン:(;^ω^)

イルマは小姑でファイナルアンサー!!!!


>るる先生!
先生とお呼びしていいですか!?ってもう呼んでましたあたし!!!
「イスピンの野望」KOE●社で開発中だそうです。嘘です。
現在アノマラドも不安定な状態ですから、イスピンが大陸制圧できる日もそう遠くないと思います!
「民よ!ニーソックスは!好きですかぁぁぁ!?」
このスローガンの下、民衆はイスピンの前にひれ伏すことでしょう・・・!
女王イスピンとはいいですね。彼女には王冠がよく似合うと思います。
王冠イスピン、王冠イスピンを、是非!!(なにをねだってやがる貴様
騎士団長マキシミンとか格好良すぎじゃないですか。月光で一発KOなんてちょっと・・・ちょっと・・・!メガネに夢を抱いてしまいそうです・・・!


>antheおねええぇぇぇ様
おぉぉぉぉねぇぇぇさまぁぁぁぁっ
まさかanthe様からこんな立派な論文の提出をしていただけるとは思ってもみませんでした。
さすがです。お互い研究所がんばりましょう・・・(泣)
イスピン学会の大御所、イスピンの権威!どうか、我が学会の顧問をしていただきたく・・・!

anthe様のSS、感想を書こうとしましたが、もう偉く長くなってしまい、これは逆にご迷惑だと感じられキーボードを放り投げてしまいました。
ともあれマキピンはTW1の茨カップルで、間違いありません。
というよりイスピンがTWプレイヤーキャラクターの中で結婚しようとすると一番障害がなさそうなのがルシアンということになりますね・・・カルツ商団・・!

囲われてしまうマキシミンってすごく・・・あの、すごく卑猥なんですけどお姉さま・・!?
さらに卑猥なことを言ってしまうのですが
マキシミンってめちゃくちゃ快楽に流されやすいタイプですよね・・・!意思弱いし!!
なし崩しにするのは楽勝かも・・・w
でも天性の天邪鬼だから囲っていても逃げられやしないですかね・・・
「これもオルランヌの連中の税金なんだろ!そうやってお貴族様のお遊びにつき合わされるのはいつも貧乏な奴らなんだ・・・」みたいなこと言って噛み付いてきそうです。
でも結局なし崩しか・・・ちょっとマキシミンかわいそう・・・w
これぞお貴族様の道楽ですね!!!!
THE籠の鳥のマキシミン・・・なんだ、なんだこの甘美なシチュエーションは!

そうですよね、アノマラド王室より強く反対しそうなのは何よりイスピンの身内かも・・・
身内の情に弱いイスピンはここで苦悩するわけですね。
やっぱりシャルロットは死ぬしかないのかしら。・゚・(ノД`)・゚・。


なんとも痛いコメント返信で皆々様全く持って申し訳ない。
しかし、あたしも皆様のコメントに触発されたんだから仕方ない!
送信しちゃいましょう。妄想語り、そこの貴方もさぁ!!


次回なんて・・・あるのかな・・・?
2006/11/20(月) 21:03:50 | URL | じゃこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Talesweaver is a trademark of Softmax Co., Ltd.
Copyrights (C) 2004 Softmax CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyrights (C) 2004 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。