ベレー帽からニョキっと

      MMORPG「talesweaver」でのどうでもいい出来事を巡るどうでもいいイスピナーの日常。そして非日常(嘘)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
夏レポ
リポートといっても大したことはない。
ただ、人にもみくちゃにされただけだ。

そう、夏は常に死と隣り合わせ。冗談じゃない!


ヲタ歴10年の後輩と9時半に国際展示場に到着するも、入場できたのはその一時間後。
10時の拍手は会場から遠く離れた外で聞いた。

じゃこ:毎回思うんだが、どうして拍手なんかするんだろう、お前ら恥ずかしいぞ。
後輩:先輩、ココでは恥ずかしがっている人のほうが恥ずかしいんです。

多勢に無勢であった。


某ピン様や、某メガネ様にお会いするならば、と気合を入れて化粧しておしゃれもしたのに、汗でファンデーションは流れ、アイシャドウはただのクマと化し、高かったカーディガンはベトベトだった。
教訓:おしゃれをしたほうが負け

やっとこさ会場に入れてもお目当ての場所にたどり着つまでにさらに30分、人ごみに飲まれる。
お目当ての場所についても、そのまま二時間ほど人ごみに飲まれる。
ここいらで某ピン様にスケブ頼もうとしたけど人ごみのため断念。
だいたい、差し入れも持って来てない自分はそのまま窒息死すればよかったんだ・・・!
お目当てを一通りめぐった頃にはお昼過ぎ。
やっとTWスペースにたどり着く。




・・・・ん?

出店数が片手で足りるぞ。TW!



とりあえず最後の一個だったトゥートゥー携帯クリーナーを必死の形相でゲット。

売り子さん:あの、最後の一個で、見本になっちゃうんですけどいいですか・・・?
じゃこ:いいです!!全く問題ないです!!!!くだしあ!!!!

携帯クリーナーはめちゃくちゃ可愛いです。再販されたら皆も買うべきだ。普通に買うべきだ。
団扇ももらい、ニヤニヤしながら会場を後にする。
あたしの夏は終わった。
スゴスゴと会場外のサイゼリアでまるっと飯。サクっと帰還。




以上。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Talesweaver is a trademark of Softmax Co., Ltd.
Copyrights (C) 2004 Softmax CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyrights (C) 2004 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。