ベレー帽からニョキっと

      MMORPG「talesweaver」でのどうでもいい出来事を巡るどうでもいいイスピナーの日常。そして非日常(嘘)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
不正
管理者がこんなことしてたらどうしようもないよね実際

関係ない。とはとても言えない事件に
もはや怒りを通り越して唖然としてしまった。

実際、管理者に不正を働かれていたらユーザーはなすすべもない。
訴えようにも、訴える側が既に不正に手を染めていたら
ユーザーは黙ってそのゲームを手放すことしかできないのか


TWでもおこり得る問題だと思う。起こっていないことを切に願う。



追記0722
少し厳しいことを言うようですが、さすがガンホ○とは言っていられないと思うのです。
これはもはや他人事(他社事、といいましょうか・・・)ではないと私は考えています。
一度このようにメディアに大きく取り上げられてしまった以上、見てみぬ振りはもうできません。

これは絶対に氷山の一角に過ぎない。
RMTという市場がある以上、似たような事件は起こり続けるでしょうし、消えることはないだろうと私は考えています。
今日もどこかのMMOで起こっているのだろうと思います。


ユーザーは、どう動くべきなのでしょうか。
RMTを利用している社員がいるなら取引相手に成りすまして告発できないかな。と考えてはいるのですが・・・一人ではどうにも。
RMTを利用したことは私はないのだけれど、あれは相手の取引にかかわる個人情報以外は(勤務先など)絶対に教えないのですよね?
RMTのサイトなんて、検索すればすぐに出てきそうですが。
そこから私欲をむさぼる社員を割り出すなんて、なんだかとっても骨が折れそう・・・!

ユーザー同士で委員会を結成して大々的に存在をアピールすれば抑止力にもなるのかもしれませんね。
RMT撲滅委員会・・・みたいな?
でも実際事件が起こったROでもユーザー同士のそういう活動を何度か見たことがありました。
それでもあんなふうな事件が起こってしまったんですよね。

いや
むしろ
ユーザーの活動があったから明るみになったのかもしれない。
そう思うと希望が出てくる気がします。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
なんていうか・・・さすががんほーというか・・・最悪ですね・・・
TWでは起こっていないことを、本当に切に願います><
2006/07/20(木) 15:31:34 | URL | るる #-[ 編集]
るるせんせい!
長くなってしまったので、記事に追記として上げました。
楽観しない。信用しない。人間はそこまで綺麗な生き物じゃない。
これが私のモットーです!!!!
うわっきたなっあたしもきたなっwww
2006/07/22(土) 14:16:46 | URL | じゃこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Talesweaver is a trademark of Softmax Co., Ltd.
Copyrights (C) 2004 Softmax CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyrights (C) 2004 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。