ベレー帽からニョキっと

      MMORPG「talesweaver」でのどうでもいい出来事を巡るどうでもいいイスピナーの日常。そして非日常(嘘)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
チャプター11考察
ここまで長く期間が開いてしまったことをまずお詫びさせてよ!
ご・め・ん・ね☆d(ゝc_・o) (謝る気ねぇだろ)


以下チャプター11の考察です。
考察という名のネタバレです。
例に漏れず、じゃこの主観に基づいて好き勝手言っています。
チャプター11をクリアしていない方、じゃこの毒舌を受け止められそうにない方はバックプリーズ!
間違えて読んでしまっても、責任取れないんだからね!
閲覧は自己責任なんだからね!
大丈夫そうな方はどうぞ、下よりお入りください。
参考記事 オルランヌさんの家庭の事情
       チャプター10~11冒頭まで考察


前回の記事より、アノマラド王国王妃を輩出した名門、フォンティナ家が自分のすぐ近くに来ているという噂を耳にしたイスピン。
その噂の真意を確かめるためにひとまずアドセルを後にしました。

20060608195152.jpg



エリアチェンジするとイベント発生
平原(バレンシア海岸周辺?)を歩くイスピン、そこへカミルが!
20060608200142.jpg


カミル:お久しぶりです、公女様。
イスピン:カミル・ブランシェ・ド・フレネル卿・・・(ここで地味にカミルの本名が明かされています。フレネルって苗字なのか!弟の名前はなんだ!?)
カミル:公女様を待っていたら、疲れて眠ってしまうところでした。
イスピン:・・・疲れるだと?そうまでしてボクに付きまとうとは思わなかったな。
カミル:えぇ~そりゃぁ公女様がいらっしゃる所にならばどこへでもはせ参じます。それが、一時でも家臣だったものの礼儀です。

手痛い皮肉の応酬。
貴族特有の皮肉がタップリで面白いシーンなのに残念ながらネクソン翻訳なんですよね、この場面。
ここではネクソン翻訳を私なりに意訳しています。あしからず。
会話はまだ続きます。


イスピン:一時でも・・・だね(すごい笑顔)
カミル:貴女の後ろ盾となる勢力が何一つないというのに堂々となさってて偉い・・・というか、現実を知らないというか・・・(だんだんとイスピンに近づく)何と申し上げてよいのやら・・・まぁ、公女様はまだお子様ですからねぇ、アノマラドからも私たちに支援があるということ、その現実的な問題がご理解いただけていないようだ。貴女がまだ、公女という立場を利用して、誰かを使おうと思っていらっしゃるなら、困ってしまいますな。
イスピン:・・・・ボクは誰かを使うつもりはない。ボクが思って言うことが正解だと信じているから、こうしているだけだ。

ここでカミルが言う「誰かを使おうとすること」というのがいまいち見えないんだよな。
誰を使おうとしていたのやら。
「ヘタな真似はするな」という意味で釘をさしただけなのかもしれない。

会話はなおも続く。


カミル:さぁ~、公女様がいったい何が正解で、何が不正解だと思っていらっしゃるか私にはどうだっていいことなんですけれどもね・・・
    私が貴女に知っていただきたいのは、現実です。
イスピン:あ~、現実ならばよーくわかっているよ。君がボクの首に刃先を向けて、ボクが死ぬかもしれないという現実はね。
カミル:・・・アノマラドが私たちの勢力を支持すると表明しました。
イスピン:!?
カミル:どう見ても勝ち目のない戦いですよね、公女様?
    生死すら定かでない公女に自分の持ち札を賭けるほど、賭け事を楽しむ人間はいないはずです。だから、公女様はたった一人の支持者もないまま、ここで死んでもらいます。
イスピン:・・・・このまま素直に君に殺されるつもりは毛頭ないよ。たとえ、ボク一人になって、誰もボクを公女だと信じてくれなくても。

イスピン:でも、ボクは生き残るんだ。



戦闘開始
とても余裕でした。

20060608203538.jpg
こんな雑談をするほどにな。


イスピン華麗に勝利!お姫さまパワー!!!!!



カミル:あなたが公女じゃなかったら、お互いこんな噛み千切るような関係にはならなかったでしょう・・・
イスピン:そう、お兄様がご健在だったなら・・・心の中の敵意は刃を交えることはなかったでしょう。
カミル:しかし、公女様にはここで死んでいただきます。必ず・・!


キラリと何かが光り、イスピンの姿が忽然と消えます。


カミル:・・・・!!
カミル:仕方ないか・・・これ以上時間がない。フォンティナ家がここまで手を伸ばしてきたら、僕は本国に帰還せざるを得ない。



アノマラドが王政改革派を支援するという話はどうやらカミルのでっち上げのようです。
ここでイスピンを精神的に追い詰め息の根を止めるつもりだったのでしょう。
前回の記事から、星の旅行者に「フォンティナ家が南アノマラドに私兵を派遣した」という話を聞かされてからカミルは焦っているようです。
イスピンとフォンティナ家との接触はどうしても避けたいのでしょう



別空間へ飛ばされるイスピン。足元には誕生石が光っています。20060608205111.jpg



イスピン:はぁ、はぁ、何が起きたんだ・・・?この間ランケンさんが言っていたように、誕生石には空間移動能力があるっていうことなのかな・・・


イスピン、誕生石を拾い上げ、とりあえず治癒します。
参考までにベイラスの祝福呪文を掲載。

20060608205716.jpg




ちなみにベイラスとは何か、公式ページにのっていますがコレも参考までに掲載



公式HPベイラス説明文
テシスの周りを回っているふたつの自然衛星のうちのひとつ。テシスにもっとも近い天体。東から上って西に沈む。

第2衛星シエナの約1.8倍の大きさの月で、 公転周期と自転周期が共に26.451日で同一である。朔望月(新月から次の新月まで)は28日。現在アルミド大陸中で通用される暦法であるリマン暦を含む殆どの暦法はすべてベイラスの朔望月を基準にして作られたものである。

俗に「一番目の月」と呼ばれるベイラスは [奇数]を象徴し、男性的な性向の月とされる。代名詞は「彼」を使う。青い光りが漂う銀色のこの月は、占星学では伝説の奇跡の治癒師ラスと同一視され、治癒の月であり、ベイラスの気運を受けた水や薬草は特別な治癒の効果を持っていることがしられている。



つくづくよく練られて面白い世界観なんだけどチャプターは全くそれを生かしきれていないよね。
残念でならんよ。
ベイラスとシエナについては生かそうとせずともよいが。サブノート的なものだろうし。
ネクソン翻訳が疎ましい。いっそあたしが翻訳したい。
そして面倒なクイズやパズルに力を入れるより、もっとストーリーを練ったほうがいいんじゃないかと声高に言いたいね。



イスピン:カミルはアノマラド王室がカミルを(王政改革派)支持するといっていたけど・・・どうも納得いかない・・・アノマラドの立場からオルランヌの王政復古を望むはずがないのに・・・
     でも、でももしも、アノマラド王室がボクの叔父様を支持するとなるとボクはとても不利になる・・・
     そんな危険を冒しながらフォンティナ家へボクが接触するのは非常に危ない。ひょっとしたら、むなしい死に目に会うだけかも・・・

首都まで向かう資金もないし、あそこでカミルに出会ってむしろ幸運だったと、歩き出すイスピン。
とりあえず、動こう。と決心をします。
でもさ
その動機がさ
20060608211643.jpg

コレじゃぁいまいち弱いんじゃないのぉ?とか思ったりするのはあくまであたし個人の意見です。ハイ!



イスピンは一路ピライオンダンジョンへ向かいます。ここでほかのキャラクターとも合流しました。


ランケンの協力の下、ワープをして砂漠へと赴く一同・・・のはずが、そこはナルビクでした。
おいおいおいおいどういうことだよランケン!この赤い髪!眼鏡!!
とピライオンダンジョンに引き返してきた審判者たちに攻められるランケン。
しょんぼりすなランケンは凹んでしまいます。

彼のご機嫌を伺うため、ランケンの好きな本のあるところ、20060608213132.jpg
エシェルト伯爵の書斎へと向かいます。

そこにあったのは隠し通路。真っ先に飛び込んだランケンを追って隠し通路を進むとそこは20060608213521.jpg
研究室でした。

すっかり科学者としての使命を思い出し、元気を取り戻したランケンを引きずり、またしてもピライオンダンジョンへと戻ります。


意気消沈っぷりが嘘のようにハツラツとしたランケンを見て驚く一同。
それをみてシベリン
20060608214011.jpg

はい、意味深。



もう失敗しないためにもランケンは複数のアイテムを持ってくることを指示しやがりました。
なんだこいつ!おねだり上手ちゃんか!?
面倒だなぁといいつつダンジョンを出て行く審判者たち。



ここで視点は切り替わります。





20060608215746.jpg

砂漠にて
20060608215757.jpg

黒衣の剣士が黒衣の剣士を・・・・!!





長くなったので次回に続く。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
いつもながら、すばらしい考察ですv
チャプだけだと、すごく詳細に設定されたことが生かしきれないというのはありますね。

こうなったら、じゃこさまが書くしかないですよ!いすぴ主人公で!(なぜそうなる
サッ
2006/06/10(土) 00:21:15 | URL | るる #-[ 編集]
まだ就活が終わらないどこぞのナヤです。

じゃこのブログ見てたら久しぶりにINしちゃったじゃないか、じゃこいなかったけど。
イスピンはやった事無いので、チャプターの考察楽しく読ませてもらいました。
またコソーリ見に来ますね、ストーカーのようにコソーリと。

そういえば要塞土曜日だったみたいね・・・、すいません別のゲームしてましt(ry
防衛の日は時間があればINすると思います、狩りステの力を見せてやるぜっ!

ちなみに5月あたりからうちのブログも更新再開しました。
がっ!内容がseal:リアル:TW=15:4:1くらいなのでURLの所には書きませんw

それでは、またTWの中で会いましょう。
2006/06/12(月) 01:33:33 | URL | ネイt(ry #z8Ev11P6[ 編集]
るるてんてー ㌧ ヽ(*´▽`)ノ
>るるてんてーヽ(*´▽`)ノ
どうしてもアテクシに二次創作をさせる気ですねセンセイ・・・!!
その手にはのらないんだから!!><

チャプ考察自信満々で掲載したのに知り合いからは
「めんどくさくて途中で読むのやめた」
といわれました。
いつだって愛情は空回りです( ´ー`)y-~~

でも読みにくいですよね・・・
もう少し精進します。



>㌧ヽ(*´▽`)ノ
あたしもシュウカツ終わりそうにないです^^;;;;
シュウカツって絶対体に悪いよ!
あたし体調崩したもん。今もがっつり療養中だもの( ´ー`)y-~~
ねい㌧本当に無理しないでね。
がんばっちゃだめだよ。・゚・(ノД`)・゚・。

お前の狩りステの底力、今日の要塞でしかと見届けようと思う。
こいよ!まってるからな!

Σはっ、間違えた。

べ、べつにネイ㌧のことなんか待ってないんだからね!
勘違いしないでよね!全然待ってなんかないんだからねっ!!


ブログ再開おめでとヽ(*´▽`)ノ
なんだって?内容の内わけが
TW:リヤル:seal=15:4:1 なんだね!!
ストーキングしちゃうから首根っこ洗ってまってやがれ!!
それでは要塞でお会いしましょう!
2006/06/13(火) 14:07:31 | URL | じゃこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Talesweaver is a trademark of Softmax Co., Ltd.
Copyrights (C) 2004 Softmax CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyrights (C) 2004 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
Designed by aykm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。